コラム

インデックスファンド積立派の私が個別株を購入した理由/メリットとデメリット

individual_stock

米国株S&P500に定期的に積み立てていけば

かなりの確率で高リターンをたたきだすことができることは

すでに述べたとおり。

 

しかし、読者の皆様の中には、

もっと効率的に、最速でお金持ちになる方法はないの?

と考える方もいるでしょう。

結論だけ先にいいます。

あるにはあります。

それは個別株という選択。

ただし、初心者はやめておいた方がいいでしょう。

「もっと得したい!」などと考えず、素直にS&P500系統の

インデックスファンド(楽天VTIなど)に

毎月積み立てるのが安全かつ効率的です。

 

しかし、そうは言っても

個別株を買った人にしか見えない世界

があるのも事実です。

今日はそのあたりについて説明、

特に個別株のメリットとデメリットを話していこうと思います。

個別株を買うメリットとデメリット

個別株を買うメリット

①非常に面白い。

最初に書いたこのメリットは、デメリットでもあります。

個別株は、面白くて刺激的なのです。

(まあだからこそ、

手を出すべきではない、と

ラプぞうは思っているのですが。)

いくつか個別株を買うと、

日々の株価を見るのが楽しくなります。

会社の経営状態や、今後の経営方針、

世界経済の今後どうなっていくのか。

どんな国やどんな企業が伸びていくのか。

個別株を買うということは、その予測が不可欠です。

そしてそれを予測するのは、結構楽しい作業なのです。

また、その予測が当たった時には、

お金という形で、自分にかえってきます。

それが、個別株の魅力的なところですね。

②ビジネスの知識が自分に蓄積されていく。

個別株を買うと、

日々の経済のニュースに関心が出てきます。

そうすると、「ビジネス」というものに敏感になっていきます。

どんなビジネスが成長し、

どんなビジネスは衰退していくのか

テレビのCMを見ても

「こんな広告方法があるのか」

とか

「結構広告宣伝費をかけているから、商品にはその分上乗せされるかな」

とか。

いろんな視点で物事を見ることができるようになります。

また、経済動向が少し予想できるようになってくるので、

自分で起業や副業をする際には

非常に役立つでしょう。

③うまくハマった時には、良いリターンを得ることが出来る。

ちょっと前に有名になったのは

mixiやガンホーですね。

特に、まだ市場が期待していない状態の

安い株価で個別株を仕入れて

その株が暴騰した場合は、

それこそ何百万、何千万レベルのリターンが見込めます。

また、そのような株価の値上がりを狙う投資方法ではなくても、

永続するであろう大企業の株を割安の時にのみ買い、

比較的安価に仕入れ、配当金で利益を大きくする方法もあります。

アメリカ株でいうと、コカコーラやP&G、たばこ株などが

そのような手法がとれる代表的な株の例ですね。

(そのような銘柄は、世間ではシーゲル銘柄と言ったりします。)

シーゲル銘柄とは、高配当株の配当を再投資することで

リターンを最大化するすることができる株の総称です。

過去の実績では、S&P500のインデックスファンドに

勝るとも劣らない

素晴らしいリターンを生み出しています。

(後述しますが、

ラプぞうも配当目的でAT&Tという、

いわゆるシーゲル銘柄を保有しています。)

このあたりが、個別株を保有するメリットですね。

まあ、これだけ聞くと、

個別株は非常に魅力的に聞こえるかもしれませんので、

次はデメリットも紹介していきましょう。

個別株のデメリット

①メンタルが不安定になりやすい。

個別株というものは、

非常に多様なリスクをはらんでいます。

一番わかりやすいリスクは「破綻リスク」。

投入した資金が、すべて0円になってしまいます。

だからこそ、個別株を買う際は、

永続する企業かどうか見極める

ことが非常に重要になってくるのですが、

その見極めは簡単なことではありません。

一つ例を挙げると、かつて世界の時価総額1位となった

かのトーマス・エジソンが作った会社、ゼネラル・エレクトリック(GE)。

今は見る影もありませんね。

ここまで、凋落することを誰が予測できたでしょうか。

予測できた方は、個別株の才能があるのかもしれません。

(GEがつぶれるかどうかはわかりませんが。)

配当狙いの優良企業の株であっても、

減配リスクが存在します。

そもそも、投資をする目的が、ラプぞうのように

教育資金や、生活を豊かにしたい、

家族との自由な時間が欲しい、

という目的であれば、

精神を安定させるのは大切なことですね。

豊かになるための投資で、

精神が不安定になっていたら、

本末転倒ですね。

②調べ物の時間がかかる。

これはメリットと裏表です。

個別株を買う場合、その会社の財務状態や

配当に関する考え方、設備投資の予定など、

詳細に調べることが必要になります。

人によってはそれは楽しい作業なのですが、

人によってはめんどくさく時間を取られる作業です。

管理する個別株が多ければ多いほど、

その手間は増えていきます。

③インデックスファンドの方が成績が良いことが多い。

このブログを読んでいる方は、

プロである機関投資家ではなく、

個人投資家の方々でしょう。

個人投資家は、

プロに勝とうと独自のポートフォリオを作るより、

おとなしくプロに任せた方が

よい結果がでるものです。

特に、今はプロ(バンガードという会社がおススメ)へ

委託する料金はめちゃくちゃ低いので。

一部の才能のある方は別だと思いますが、

一時的に儲かった経験のある「才能のある方」が勝てた理由は

たまたま上昇相場であり、

誰でも儲けることができた相場であった

だけのことである場合も多いので、

真偽は自分で見極めましょう。

頑張らないインデックスファンドの方がリターンがよかった

なんてことはざらにありますので、

そのあたりは認識しておいた方がいいですね(*^。^*)

インデックスファンド積立が最強派の私がAT&TとJTを購入した理由

メリットとデメリット、

両方を説明させていただきましたが、

私は、断然

インデックスファンドをドルコスト平均法でコツコツ積立するのが最強

だと思っています。

理由は、

リターン的にもメンタル的にも、最も安定するから

です。

ただし、そんな僕も、2つだけ個別株を持っています。

それはアメリカの通信会社AT&Tと、

日本のたばこ会社、JT。

なぜその2つだけは買ったのかというと、

アメリカと日本の個別株を買って

個別株について「勉強したかった」から

です。

色々と書いていますが、

これらはすべて、個別株を買って思った自分の感想です。

個別株を買うと、間違いなく世界は広がります。

ですが、リターンがいいか、と聞かれると、

普通にインデックスファンドの方がいいな

と思っています。

なので、どこかのタイミングで売る予定です。

もし仮に株価が下がり続け、

売れるような株価にならなかったとしても、

AT&TはアメリカのNTT docomoのような会社なので、

独占禁止法的にも、インフラ会社という点を見ても、

つぶれることはないでしょう。(借金は多いですが)

配当利回りは6%を超えていますし、

株主還元の姿勢も強い連続増配銘柄なので、

配当金マシンとして永続保有の選択が取れます。

また、JTは日本の法律に規定される独占たばこ企業です。

他の企業が参入することが、法律で許されていません。

そして、日本政府が大株主になっているからか、

配当利回りや自社株買いの姿勢を見ても、

アメリカ企業なみの株主還元の姿勢を見せています。

JTからの配当とたばこ税で日本政府も潤っていることから、

日本政府が大株主である以上は、つぶれないでしょう。

日本政府と持ちつ持たれつの関係、ということですね。

また、たばこという「依存製品」を扱っているため

潰れにくい、と言うこともできます。

 

今、たばこをすっている50歳のおじさんは、

70歳になってもたばこを吸っているはずですから。

(たばこを吸う人の絶対数は減っているかもしれませんが)

まとめ

まとめると、

個別株よりは、やっぱり

S&P500インデックスファンドの定期積立が安定すると思います。

らぷぞうのように

割り切って勉強として個別株を買いたいとか、

または

個別株で最大のリターンを出したい!

という方は

買ってもいい思いますが

初心者はおこずかいの範囲で

買うのがいいと思いますね(*^^*)

そして買う場合には、

その企業が20年後も生き残っている姿を想像してみる

といいでしょう。

そして、買うか迷った時は、

「なんのために投資をしているのか」

を意識するといいと思います(*^。^*)

らぷぞうは、家族との自由な時間を増やすためです。

同じような理由であれば、

結局は、S&P500のインデックスファンドに

落ち着くと思います。

自分の兄弟や親・自分の子どもにもにもおすすめできますからね。

それでは、豊かな人が1人でも増えますように。

Believe in yourself!

関連記事です。

やはり王道は、ETFへの投資ですね。

誰でも月1万円、自由に使えるお金を増やす「マネチャレ」はこちら

 

ABOUT ME
らぷぞう
「子ども」と「投資」や「お得情報」が大好きな30代。 昼寝とスポーツと子どもと遊ぶ時間は最高。 夢は、南の島で毎日シュノーケリングしながら 好きなように過ごすこと。