コラム

VYMからの初の配当金を受領!お金がお金を稼ぐとはこういうことなのか。

dividend

こんにちは、らぷぞうです。

先日、VYMから人生初の配当金を受領しました。

 

その額なんと・・・

18ドル!!!(ドン!!!)

2000円くらいですね。。。。笑

ただし、たかが2000円とあなどることなかれ。

VYMの配当金は年に4回。

つまり、1年では8000円。

しかも、私が積立を始めたのは、2019年に入ってからです。

共働きなので、夫婦で6万円ずつ出し合って、月に12万円、毎月1日に買っているだけです。

つまり、まだたった3か月です。

3か月で、「お金がお金を稼いでいく仕組み」を実感することができました。

しかも、その仕組みの未来は明るいと思います。

米国高配当株×配当再投資の未来は明るい

なぜ、未来は明るいといえるのか。

以下に理由を列挙します。

①これからも積立を続けていくことで同様の効果が期待できる。

たった3か月で、年8000円を手に入れる仕組みを手に入れることができました。

単純計算で、1年続けたら、年2万4000円を手に入れる仕組みを手に入れることができます。

米国株は200年近い実績がありますので、同様の効果が期待できます。

②配当を再投資することで、加速度的に配当が増える。

いわゆる「複利の力」というやつです。

先ほどの計算では、1年で手にいれることができる配当の金額は2万4000円。

もし、「配当を再投資」せずに、同様に20年間、買付を続けた場合には、受領できる配当金は年48万8000円です。

これだけでも十分にすごいのですが、もし「配当を再投資」した場合はどうなるかわかりますか?

年間に受領する配当金は、ざっくり計算で70万円を超えます

VYMは配当を重視したETFなので、配当を再投資するかどうかは未来のリターンに大きな影響を及ぼしますね。

年間70万円、つまり月に5万以上、寝てても入ってくるお金ができたら人生の選択肢が増えますね。夢もひろがります(*^^*)

③今後の暴落時に増資することで、さらなるリターンが期待できる。

今後、暴落は必ず起きると思います。

暴落はチャンス。優良株を、割安に手に入れることができます。

先ほどの計算は、「通常通り市場が成長した場合」の計算ですが、正比例の直線で成長することはありえません。

暴落時には円高になることが多いため、安くドルを買うことができる。

さらに、株も安く買うことができる。ダブルで割安に買うことができます。

暴落時に割安で買えるよう余剰資金をストックしておくことで、さらなるリターンが期待できます。

「今後、暴落が起こると予想されること」も現金を一部ストックしておけば、未来を明るくする要素の1つです。

大切なのは、自分の投資のポリシーを持つこと。

普段、定期的に積み立てたり、暴落時に増資をするには、自分の「投資のポリシー」をもっていた方がいいですね。

端的に言えば、「なぜ投資をするのか」ということ。

お金もちになりたいから?

では、なぜお金持ちになりたいのか?

お金持ちになって、どうしたいのか?

ということですね。

ちなみにらぷぞうの場合は、

①金銭的な自由で家族と幸せに暮らしたいから。自由な時間も増やしたいから。

②仕事につぶされず、健康な心と体を維持したいから

③老後に安心できる自分年金を作りたいから

他にもいろいろありますが、大きい理由はそんなところですかね。

「目的」が明確になっているだけで、人の行動は変わってきます。

では、ここで質問です。

あなたが投資をする理由はなんですか?

それでは!良い投資ライフを!

 

関連記事です。 VYMを買うなら、SBI証券がおすすめですね。

【投資を忘れて人生を楽しむ】SBI証券を開設しよう【自動積立で放置可能】 こんにちは、らぷぞうです。 今回のテーマは、投資を忘れて人生を楽しもうです。 ここ最近、急に株式投資がブーム...

学資保険よりは積立NISAの方がおすすめです。

nisa-reserve
学資保険よりも積立NISAをおすすめする理由 こどもの教育資金で困りたくない。 わが子に不自由させたくない。 望む道を進んで行って欲しい。 そんな想...

個別株を購入すると、世界は広がりますね。

individual_stock
インデックスファンド積立派の私が個別株を購入した理由/メリットとデメリット 米国株S&P500に定期的に積み立てていけば かなりの確率で高リターンをたたきだすことができることは ...
ABOUT ME
らぷぞう
「子ども」と「投資」や「お得情報」が大好きな30代。 昼寝とスポーツと子どもと遊ぶ時間は最高。 夢は、南の島で毎日シュノーケリングしながら 好きなように過ごすこと。